ファスティング 梅流し デトックス

ファスティング 梅流し デトックス

梅流し とは?

断食後に大根と梅干を煮てその汁を飲む、という食養生のことです。

便秘や宿便、悪化した腸内環境をリセットするのに有効な方法だとして、

一時期インターネット上を中心に話題になっていました。

やり方は情報によってまちまちで、7日間ファスティング後や24時間以上のファスティング後など

「断食」後に昆布大根の煮汁+梅干の「梅湯」を飲みながら大根を食べるというものです。

より長い断食の後に行うと良いというものや断食をせず、前日の夕食を軽めにして翌朝から行うというものなどさまざまです。

梅流しの効果

・腸内に溜まった便を出す

・腸内にこびりついた老廃物を出す

・悪玉菌優位になった腸内環境をリセットすると、言われています。

体験談などで大きな効果が報告されていますが、書籍などで確かな情報を得ることが難しいために、

あらゆる民間療法と同様に判断や結果については自己責任という面が大きく、

この記事を読んで行う方は、体調管理をしっかりして臨んでください。

『読む便秘外来』(小林弘幸著・腸の専門医)によると、

断食は何回も繰り返して行うと腸本来の力を低下させてしまうことや、自律神経を乱したり、

血液を汚したりすることにもなるのだそうです。

上記の本によれば24時間の断食を1回であれば腸をリセットするためにおすすめできるとのこと。

そもそも私には24時間断食は無理なので(^^;

16時間空腹後の初めての食事の時に取り入れてみました。

16時間空腹ダイエットは効果あり

私には効果絶大でした(笑)

もともと便秘体質ではないため、腸が流れ始めてから6時間後には整腸剤のお世話になってしまいました(;’∀’)

初めての時には気合が入り過ぎて、空腹中に溶岩ヨガにも行き、その後に 梅流し を行ったので効果が強く出たのかもしれません。

2回目からは、16時間空腹の時ではなく、普通に朝・昼食を食べて夜に行っています。

梅流し の作り方

材料・1人分
・大根1/2本
・梅干し(中ぐらいの大きさ)2、3個
(梅干しは塩分が15%以上ある昔ながらの梅干しの方が効果が高いと言われています。)

ファスティング 梅流し デトックス

 

・だし用昆布15g
・水1.5リットル

 

①昆布の表面についた汚れを、固く絞った布巾で拭き取り、大きめの鍋かタッパなどに昆布と水を入れて冷蔵庫で半日寝かせる。ファスティング 梅流し デトックス
➁昆布汁の入った鍋を中火にかけ煮立つ直前に昆布を取り出す。
③大根の皮をむき2㎝くらいの輪切りにして、昆布を出した後に大根を入れるファスティング 梅流し デトックス
④柔らかくなるまで中火で煮て大根に竹串がすっと入るくらいに柔らかくなったら、
梅干しの実をほぐしながら入れ、さらに5分くらい煮て完成です。ファスティング 梅流し デトックス

 

食べ方

最初に煮汁を茶碗一杯、ゆっくり飲み干します。
次に大根や梅干しを食べつつ、煮汁を全部飲みます。ファスティング 梅流し デトックス

 

梅流し を食べている時も食べ終わったあとも汗が半端ないです(笑)
便秘が辛い方や腸内リセットしたい方は、体調を整えて!外出予定がないや時間に余裕がある日に行って下さいね!

ファスティング 梅流し デトックス

にほんブログ村 ダイエットブログ 50代女性のダイエットへ



Last Updated on 2022年2月5日 by wkobasan50

ファスティング 梅流し デトックス
最新情報をチェックしよう!